イベントフライヤーデザインのメリット

HOME » デザイナーへの依頼 » イベントフライヤーデザインのメリット

イベントフライヤーデザインのメリット

・イベントフライヤーのデザイン!メリットは?

ここでは、集客で用いられるイベントフライヤーデザインのメリットについてお話ししたいと思います。
もともと集客が出来ているイベントであれば、口コミやSNSでイベントの開催日時が拡散されていくかと思いますが、そうでない場合は宣伝をしなければなりません。
そんな時に便利なのが、イベントフライヤーという宣伝用の媒体です。

・イベントフライヤーの使い方

イベントフライヤーの用途は、店頭配布で手に取った人に持って帰ってもらったり、ポスターとして目立つ場所に貼って、複数の人に見てもらうというような使い方があります。
チラシと違って複数の用途がある分、コストパフォーマンスに優れています。
1枚当たりの単価はチラシより高くなりますが、宣伝効果はイベントフライヤーの方が高いかもしれません。
可能であればチラシとイベントフライヤーの両方を使って宣伝をすると、よりイベント集客の効果が得られるでしょう。

・イベントフライヤーデザインの特徴

イベントフライヤーのデザインは、チラシ広告とは少し違います。
チラシのように「メリット」を煽るのではなく、イベントフライヤーは、伝えなければならない情報をダイレクトに伝える目的があります。
そのためデザインだけを重視するのではなく、伝えるべき情報の記述も目立つように配置しなければなりません。
また、伝えるべき情報が伝わるようにキャッチコピーやインパクトのあるデザインで、お客さんの視線を誘導します。

・QRコードを掲載したイベントフライヤー

イベントフライヤーから、ホームページなどの他の媒体に集客することも可能です。
スマホで読み取れるQRコードをイベントフライヤーに乗せれば、イベントの公式サイトなどにユーザーを誘導することができます。
チケットの購入などもQRコードからできるようにしておけば、ますます集客効果が上がります。

・イベントフライヤーに挿入する内容

イベントフライヤーに挿入するパーツで一番重要なのはイベントの内容が分かるようなキャッチコピーや説明です。
どのようなターゲットに向けてどのようなイベントをするのかが一目でわかるようなないようにしなければなりません。
また、開催日時や場所なども明記して、伝わるようにするのがイベントフライヤーの役目です。
人の興味をそそるだけではなく、具体的な内容を伝えるように工夫するのが、イベントフライヤーに導入するデザインを考える時のポイントだといえるでしょう。