イベント宣伝媒体に依頼

HOME » デザイナーへの依頼 » イベント宣伝媒体に依頼

イベント宣伝媒体に依頼

・イベントの宣伝媒体を選ぶ!制作会社に依頼しよう!

イベントの宣伝媒体を選んで業者にデザインを依頼する時には、いくつか注意するべきポイントがあります。
特に、料金は業者によってばらつきがありますので、見積もりを比較しながら業者を選ぶ必要があります。
そこで今回は、イベント宣伝のコツと、デザイン業者を選ぶときの注意点について説明したいと思います。

・イベントの「テーマ」と「コンセプト」を明確にする

イベントの宣伝で重要なのは「テーマ」と「コンセプト」をお客さんに対して明確にするということです。
テーマとコンセプトは、同じ意味のように使われることがありますかそれぞれ別の意味があります。
テーマは、「核」となるもののことで、そのイベントの目的のことを意味しています。
コンセプトは、そのテーマをどのようにして扱うかの戦略です。
例えばロックの音楽イベントであれば、ロックファン同士が楽しむというのがテーマで、どう楽しませるのか?という部分がコンセプトになります。
これらをそれぞれ明確にして、ターゲット層に伝えることで効果的に集客することができます。

・宣伝媒体の活用方法

イベント情報を拡散するための広告宣伝媒体には、いろんな種類があります。
一番手軽に拡散できるのがチラシ広告です。
チラシ広告は低いコストで大量のチラシを、たくさんの人に配ることができます。
ただ、チラシ広告は、拡散力はあるが具体性が薄いのが難点です
メリットの提示が前面に押し出されているため、より具体性のある情報を伝えるためには、ポスターやパンフレットなどを作成して、チラシと一緒に宣伝で使うことが肝心でしょう。

・デザイン業者に「デザイン制作」を依頼をする理由

デザインツールを使えば、誰でも広告などのデザインはできるのですが、なぜプロに任せたほうがいいのでしょうか?
それは、宣伝を目的とした広告媒体には、オリジナリティが求められるからです。
オリジナリティのある広告は、人の目に止まりやすく心を動かす効果があります。
プロにデザインを依頼すれば、そういうデザインを作ってきてもらえます。

・デザイン業者を選ぶ際の注意点

宣伝広告用のデザインを業者に依頼する場合にはいくつか注意点があります。
まずひとつは、依頼する業者の得意なデザインを把握するということです。
業者が得意とするデザインは、デザインサンプルを見せてもらうことで分かります。
これまで出かけてきたデザインの中に、自社のデザインのテーマに近いものがあるかどうかをチェックするといいでしょう。
後は、料金体系が分かりやすい業者を選ぶことです。
ホームページで、基本料金を明記している業者を選ぶと失敗が少ないでしょう。