フライヤーのプロデザイナー

HOME » デザイナーへの依頼 » フライヤーのプロデザイナー

フライヤーのプロデザイナー

・フライヤーデザインはプロのデザイナーに頼むべき?

イベントフライヤーなどの広告媒体制作を、プロのデザイナーに依頼した場合と自分で制作した場合では一体何が違うのでしょうか?
自分でやれば費用がかなり抑えられます。
最近では、デザイン初心者でも、綺麗なフライヤーデザインが作れるソフトがあります。
お金をかけずに簡単に作れるようになったのが、フライヤーのようなDTPデザインです。
それでもプロの業者に依頼した方がいいという理由とは?一体なんなのなでしょうか?

・プロはターゲット選定が上手

フライヤーなどの広告デザインは、ターゲットの選定が重要となります。
ターゲットの気持ちに刺さるデザインでないと、訴求効果が半減してしまうからです。
プロはそのターゲットの選定やリサーチが、素人と比較して徹底しています。
またプロは、デザインの実績も豊富なので、 テンプレートを組み合わせた時の素人が作るデザインよりも、遥かに良いものを作ってきてもらうことができます。

・集客のためのデザインは素人では作れない

ただ単純にデザインを描くだけなら素人でも作れるが、集客を目的としたデザインは慣れたデザイナーでしか作れません。
プロに任せればデザインパターンを何通りか用意してもらえるので、その中から好きなものを選べます。
ターゲットの気持ちを掴むための、インパクトの強いデザインを考えてもらえます。
自分でデザインを考える労力も無くせますので、非常に効率的です。

・訴求力の高いキャッチコピーも考えてもらえる

フライヤーデザインは、イラストや画像にキャッチコピーを加えて初めて完成となります。
キャッチコピー、広告媒体にとっての集客の核となる部分です。
デザイン部分だけではどうしても伝えきれない部分がありますので、それをキャッチコピー文章で補います。
専門の業者に依頼をすれば、キャッチコピーも考えてくれて、デザインと上手に組み合わせてくれます。

・制作にかかる時間を無くして本業に集中できる

フライヤーのデザインを自分でやると、そのデザイン制作に時間がかかるため本業と合わせて忙しくなってしまいます。
できるだけ本業の時間を確保するために、こういった仕事は外部に任せた方がいいです。
制作会社にデザインを依頼することで、複数のデザインを制作し、色々な種類の広告媒体で発行することができます。
お金はかかりますが、集客のためには宣伝が欠かせません。
良いデザインをプロに作ってもらい、集客に成功しましょう。